FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きものじごく

おひさしぶりです。生きてます。

図書館から借りてきた青木玉さんの本、「着物あとさき」だったかな。
読み出したらぐんぐん進んでしまいます。
玉さんのお母様は幸田文さん、そのお父様は幸田露伴先生。ということで、すっきりしていて読みやすく、上品なのに親しみがある文体、というのは家系なのでしょうか。
お母様から受け継いだ着物をさらに娘さんに託すために染め直したり、といったエッセイがつづられています。
そういえば少し前に読んだ麻生圭子さん…といったかな、の「京で着物がたり」だったか「京で着物あそび」だったか、そんな感じの本もよかったです。エッセイでありながらも、おしゃれな短編小説のようでもあって、いろいろな女性の人生の側面が見て取れて。
今、以前ビデオにとったおしゃれ工房の「今日から着物美人」という番組を流しています。わたしは「きものじごく」と呼んでいますが。
私はまだ自分の意思で買った着物というものはないのですけれども、その前にいろいろ本だの何だの眺めてみることによって、自分なりに、どういう着物を着たいのかな、ということがほんの少しわかりかけてきたような感じです。
まず一枚めは、ベージュの織りの着物がほしいな。それにダークブラウンか鮮やか目の抹茶グリーンの帯が欲しい。
もちろん黒字に赤い薔薇模様、とか、シルバーに黒い蝶が飛んでいる、とか、そういうものも大好きだけれども、まずは汎用性が高くて、長く着られるものが欲しいな。
と思っていたら、「会津もめん」という素敵な生地で仕立ててくれる着物やさんを発見。お値段もがんばれば私もそのうち、と思えるような値段。新たな目標ができちゃった。
あとは、帯結びがアレなもので、大人っぽくて質のいい兵児帯が欲しいな、それもちょうど見つけてしまったの。とりあえず薄墨色か白っぽいのから入って、今ある浴衣を今年ガンガン着るところからはじめましょう、というところかな。
09032703.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

小梅orやんや

  • Author:小梅orやんや
  • 写真ごっこしたり、お芝居したり、踊ったり。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。