FC2ブログ

おしゃれ番長

青森市民図書館に、何気に佐伯チズ先生の本が置いてあることを知り、ちょこちょこ借りています。
チズ先生は世の中の女性たちがもっともっと美しくなるように、本を書いたり講演したり、自らゴッドハンドと呼ばれる手でお手入れをしたりしてくださる美のスペシャリストで60代にしてぴかぴかの美肌の持ち主。
以前本人に会ったじゅんじゅんの日記からも、その輝きはすごいものだったらしいことが伺えた。
成本にチズコットンあった気がするから今度買ってみようかな、と思いつつ風呂上りにコットンパックやってみた。あと今日は知り合いから分けてもらった心身の浄化作用の強い入浴剤使ってみた。バイオリズム的に、これからの一週間は憂鬱になりやすく、ダイエットも進まない時期。にきびもできやすい時期なので気をつけつつ、あまり自分を責めないようにしたい(性格的に何も起こっていなくてもしょげてしまうことが多い…が最近は結構減っていると思う)。
ホントは今日肌断食してみようかなと思ったのだが、洗顔後数分で渇きを感じた肌にビクビクして化粧水を塗ってしまいました。

あ、あと、「のり子が明かす おしゃれのヒ・ミ・ツ」という本があり、これがすっごく良かった。
おしゃれ番長、というと皆さん色々な方を連想されると思う。私は野宮真貴さんが真っ先に思い浮かぶのだが、のり子はオシャレ番長界の最初にして最強の姐御。おそらく今後も彼女を超える人は出ないのではなかろうか。
のり子は少女の頃はモノカキになりたかったほどの文学少女であるからして、文才も素晴らしい。
2ページごとに読みきれる99のおしゃれコラム。
82年に発刊されたものらしいが、今のわたしたちが読んでも十分すぎるほど刺激的で参考になるヒントがいっぱい!
「ストッキングはガードルで吊るのしかはかない」
「コートは裏地に凝る」
「爪にただエナメルを塗ることをマニキュアというのではなく、一連のハンドケアをしてベースコートを塗ってからエナメルを塗って初めてマニキュアと呼べる」
「メイクアップ用品はパレットにつめてブラウンシャドウ×ピンクリップ、モノトーンシャドウ×赤ルージュ、とすぐにメイクに取り掛かれるようにコンパクトにしている。馬鹿でかいメイクアップボックスを担いでスタジオに入るのはスマートじゃない」
「女性であればパーティーなどではドブねずみ色ではなく自分のパーソナリティーに合った軽やかな色を着るべき。と同時に、黒は最高のドレスアップカラー」
などなど…。
青森以外の人はなかなか本書を手にとるのは難しいかな…古本屋さんでもし見つけたら、是非手に取ってみてください。

のり子って?
もちろん、淡谷先生の事ですよ!!

デジカメただいま修理中…いつ返ってくるかなあ。
スポンサーサイト



トップページ更新。

あいも変わらず放置サイトでごめんなちゃい。
こないだの日曜日は、県民文化祭のダンスフェスティバルを見に、十和田湖公民館に行ってきました。
初めて行きましたが、十和田湖の名にふさわしい、趣のある立派な建物でした。
詳しくはダンススタジオ小林のブログをどうぞ。(クリックすると飛びます)←これも管理しているのです。

ついでに公民館の外で2、3枚撮ったので、トップページのみ更新。
例によって写真館を更新できるだけの枚数は撮れなかったので、トップページのみの更新です。
そういう写真がたまったらそれはそれで一つにまとめてページをつくるかも。
そろそろ紅葉の美しい季節。
うかうかして冬になる前にもみじを見に行きたいなー
プロフィール

小梅orやんや

  • Author:小梅orやんや
  • 写真ごっこしたり、お芝居したり、踊ったり。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク