FC2ブログ

赤いセーターと美的。

雑誌を買うに行きがてらなんとなくツタヤの隣のオフハウスへ。
隠れキャラのようにヴィヴィアンのセーターやアングロマニアのコートが…
見えない、見えない。
半額のシャネルのアイカラー(多分新品。薄いパープルがきれい)も見えない。
箱に入ったままのベビードールも見えない!
と。
前来た時も見かけた赤いセーターが1000円。
あったかそうだし、使いやすそうだし、1000円ならいいかな…とレジへ持っていったら、売り切りたいのか半額になりました!
わーい☆
さすがの私も500円ではセーター作れませんから(1000円代だと『100円毛糸で編むことは出来ないか…』とつい考えてしまう)大満足☆
この値段ならあと1、2枚仕入れたいなー。

今月の「美的」は西山舞さんのDVDがついています。
オール・ルナソル製品を使って、下地からベース、アイメイク、チーク、リップ、ハイライトからシェーディングまでのナチュラルメイク(薄いベージュピンク~ブラウンといったかんじ)を三〇分かけて丁寧に見せてくれます。
これ凄くおすすめです!!買って損なし!!
大切に見てお勉強します。
大高博幸さんのバージョンでも是非見たいな…。
スポンサーサイト



カシスのムース。

青森市は、カシスの生産が日本一なんです。
というわけで、カシスをふんだんにつかったムースを食べました。

07021201.jpg



イチゴやブルーベリーなどよりも、一口口に入れたときにはじけるような酸味。
でも、決して「すッぱーい」というようなものではなく、さわやかな後味。甘味もちょうど良く、あとをひきません。
ゼリーとババロア、スポンジのバランスもお見事。
トッピングの金粉も、センスの良いゴージャスさで素敵です。

急速冷凍にて通販もありますので、是非どうぞ!!


★青森市のケーキ屋さん サンドリオンのページへ★



ジュスティーヌ。

オーラの泉で植物の話をしていたので、心を入れ替えて一輪買ってきた。
他にも薔薇はたくさんあるのに、ついこんなインキチな色の子から買ってしまうのは性分なのでありましょう。「インキチくさい!」と言われると「ありがとう!」と思ってしまう性質なので。

とりあえずジュスティーヌと名づけてみたが、
ジュスティーヌは散らかったお家にもらわれて不満げ…


07020901.jpg


写真を撮ったらジュスティーヌは味を占めてしまったらしく、
「撮って撮って光線」
を出してくる。
しかたのないやっちゃ、まあどうせまだ寝るわけでもないし付き合ってやるか…と撮ってたらだんだんテンション上がってきて、
「このセットじゃやだ」
とか言い出すので、この真夜中に、色々セッティングして撮るはめに。
薔薇はさすがに人使いが荒い。そして我儘だが、なぜか憎めない。
しまいにはドレスまでバックに使ってポーズをとる始末。
しかし、生き物が家にいると確かにさびしくない。

彼女は生の切花なので数日しか一緒にいてはくれないのだなあ、と思うとなんだか無性にさびしくなった。

美輪さんによると植物はおしゃべりで、色々噂をしあうらしい。
「あそこは訪ねていくといい思いさせてくれるよ」とか
「あそこはろくな扱い受けないから行っちゃだめ」
とか。
そういえばうち、ある時期を境にやたらとケサランパサランが来るようになったのもそういうことなのかしら??

一通り撮り終えてジュスティーヌに
「お疲れ?どうだった?」
と聞くと一言
「疲れた」
だと。
どこまでもマイペースなやつだ。

彼女を撮っていて思ったんだが、薔薇は薔薇として咲くのが幸せなのであって、無理に野の花のふりをしたりするとかえってうまくはいかないんだろうな、ということが何となく腑に落ちた。

しかしジュスティーヌちゃん…これ、何の儀式??

07021001.jpg



07021002.jpg



07021003.jpg

プロフィール

小梅orやんや

  • Author:小梅orやんや
  • 写真ごっこしたり、お芝居したり、踊ったり。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク