FC2ブログ

メール予約終了しました。

今週末の芝居のチケットのメール予約、終了させていただきます。
実はうちのパソコンがかなり不安定な状態でして…
メールの送受信・サイト更新などもしばらく不具合が生じるかもしれません。
またそのうち、お会いしましょう。
スポンサーサイト



公演が近いんです。

来週地元で旗揚げする劇団の公演に客演しています。
もうすぐ本番!
私の出番はあまり多くはありませんが、当初はオープニングの踊りだけだったのが、3ヶ所にまで増えました。役者馬鹿一代なので、出番が増えるとやっぱり嬉しい~
自分の劇団「エゴイスト」では出来ない、文化ホールという大舞台。キャストも市内のあちこちの劇団から大集合して、華やかです。
お近くの方、お時間のある方は、是非、観に来てくださいね。
「行ってやろうじゃないか」という方は、私までメールくださいです。
詳しくはこちらをご覧ください。
06081508.jpg

えっ

MSNみてたら
「太目の体型を売りにする「樽ドル」(たるどる)の代表格」
ということでとある女の子の紹介がされていて…
樽ドル…
なんでも出てきますねえ。
樽ドルかあ。
俺の時代かな…

ps
今その女の子のプロフみてきたら「身長165センチ ウエスト62センチ」
と書いてあって、
165センチでウエスト62だったら、樽じゃないじゃん!!!
と思いました。
アイドルのプロフほどいい加減なものはないとは申せ、なーんだかなあ…

****イイオトコバトン****

りこちんがやっていたので、まねっこしてやってみます…

※※※※※※※

女性限定! あなたにとってのイイ男って?
※このアンケートは女性だけが答えられます。
1. 「理想の男性」についていくつか質問します。
2. 質問に対して○か×で答えてください。△はナシで!!!
3. 2の理由も書いていただくと、世の男性の参考になります(任意)

Q1:「○○ちゃん決めて」といつも優柔不断な人より、少し強引な男がいい。
 A:×
強引な人は嫌だ。
私が出したプランを好きとか嫌いとか良いとか悪いとかきちんと言ってさえくれれば、決めるのは私でもOK。

Q2: マメにメールや電話をしてくる人より、ちょっとそっけないくらいの男がいい。
 A×
電話は基本的にしないけど、メールがマメに来るとうれしい☆
りこちんが「ほんとの信頼の上でほっとかれるのが本当は一番」と言っていたけど、激しく同意。

Q3: 女友達の少ない人より、たくさん女友達のいる男がいい。
 A:○
女の子と下心ナシに仲良く出来る男性って、何かとスマートな気がします…。

Q4: 頑張り屋・努力家より、どちらかというと要領のいい天才肌の男がいい。
 A:×!!
私の中では要領のいい人と天才とは決して合致しない。大人になっても天才と呼ばれる人はみんな陰でとても努力しているはず。
私は要領のよい世渡り上手の星には生まれついていないので、同じ星の人がいいな…

Q5: お酒は飲めない人より、飲める男がいい。
 A:○
私はほとんど飲めないので、私の飲み残しを引き受けてくれる程度には飲める人がいいな…
でも酒癖の悪い男は断然×!!

Q6: たばこを吸う人より、吸わない人の方がいい。
 A:○
自分が吸わないので、お部屋や洋服が煙草臭くなるのはちょっとな…
実は一時期、仕事のストレスを解消するためにたしなんでいた時期もあって、煙草の良さもそれなりにわかっているのだが、子供の頃から肺気腫持ちで吸わない方が身のためなので、やっぱり、一緒に暮らすなら、その辺も加味してくれる人がいい。

Q7: おとなしい人より、飲み会では必ず盛り上げ役のノリのいい男がいい。
 A:×
まったりできる人がすきー
   
Q8:料理や掃除をまめにやってくれる人より、亭主関白な男がいい。
 A:×
料理は自分で作った方がてっとりばやいけど、掃除や洗濯くらいはちょこちょこやってくれる人がいいな。
  
Q9: お世辞上手な人より、正直で多少口下手くらいの男がいい。
 A:○
お世辞なんかありがたくもない。まあ普段から言われることもないけど。
正直な人にたくさん誉められるのが一番いい!
       
Q10: 女の人に家庭的であることを求める人より、お互いが独立している関係を望む男がいい。
 A:○
少なくても劇団とダンスは辞められないので、応援してくれる、もしくは一緒にやってくれる人でないと私の場合厳しい。

Q11: 結婚願望の強い人より、「縁があれば…」程度に考えているくらいの男がいい。
 A:○
結婚?何それ、おいしいの?

Q12:食べ物にこだわりのある人より、がつがつなんでも食べる人がいい。
 A:○
お取りよせばっかりしてられるほどいい身分じゃないのでー
でもある程度は味のわかる人がいいな。
塩焼きの美味しさもわかるが、とれたばかりの新鮮なホタテはやはり刺身で、というような人がいい。

Q13: 「外見なんて関係ない」と言う人より、多少女性の容姿やファッションにうるさい男がいい。
 A:○
人の中身って外見である程度わかるじゃんね?
  
Q14: 常に自分の前で格好良くふるまう人より、多少格好悪くても自然な姿を見せてくれる男がいい。
 A:○
しかし自然にしてるのがかっこいいという人ならば、かっこよくてもOK   
Q15: キレイな王子様タイプの人より、ワイルドで男らしい人がいい。
 A:×
えーと、これって外見の話?
外見はそれなりにきちんとしてさえいれば、本当にどうでもいい。
王子様みたいにロマンチック、だけどいざというときは大胆でワイルド…みたいな、多面性のある人がいいな。
   
Q16: ごめんと素直に謝ってくれる人より、照れて素直に謝れない男がかわいい。
 A:×
照れて素直に謝れない男をかわいいと思うことなんかあり得ない。
悪い事は悪かったとすっぱり謝るのが男気ってモンだ!

Q17:次にまわす人5人 お暇があったらやってみて!

え…
女子の人、気が向いたらどうぞです。

ダンスの自主練習。

木曜日はダンスの自主練習の日。
先輩が郊外の市民センターの体育館を借りてみんなで集まっているので、
私たちも行ける時には顔を出して、踊っています。
最近、ワルツとタンゴのフィガー(振り付け)が新しくなったので、その確認。
お教室だけで踊っていると、競技会は会場が広いので、未熟なうちはいざという時に対応できなかったりする事があるのです。
私が出る競技会は、大体市民センターの体育館のような場所で踊るので、体育館で練習できるのは、とてもありがたいのです☆
フィガーが、初心者向けのものから、場所を広く、目いっぱい使うものに変更になってから、はじめて体育館で踊ってみました。
今までより断然広い空間で踊れる!
バレーボールのコート一面分くらいの広さを使って踊っている、という感じでしょうか。
競技会での成績はともかく、いくらかでも踊りこんで、自分たちの納得の行くような踊り(=本番で立ち往生しない)ができたらいいなと思います。

木曜日に使っている市民センターは、私の実家のすぐ傍にあるのですが、山の中にあるので、吹く風がとてもさわやかで、車から降り立った瞬間、濃密な葉っぱの香りがして、とても癒されます♪
この薫りをかぐためにも、木曜日の自主練習は出来るだけひんぱんに通いたいものです。
疲れていても、練習に来て踊ると、不思議と疲れが取れるのよねえ…

更新のお知らせ。

写真館に
「田代平~弘前」アップしました。

写真をはじめてよかったなあと思うことは、その時行った場所、季節、会った人、漂っていた空気など…そういったものを写真を見ることによってあとから思い返すことが出来ることです。
もう行けない場所だったり、もう会えない人だったり、ということは、生きていれば確実に増えていきますからね。
別に、自分の顔やプロポーションを人に誇れるものだとは微塵も思っておりません。
でも、ただ記念撮影的なスナップばかり増やすよりも、それなりにポーズをとって、カメラマンさんに構図を切り取ってもらった写真の方が、やはり見ていて楽しいんですよね。
色々な角度、表情、瞬間を撮ってもらうことによって、
「ああ、私って、こういう顔もするんだ」
ということがわかったり。
それはやはり、舞台に立つ上でも、大いに役立つことだと思っております。
私は結構年齢を重ねてからモデルをはじめることが出来たので、なんというか若さにそれほど固執していないというか、その人の見た目年齢相応の写真、というものの中でかっこいい写真が撮れればそれでいい、と思っているので、モデルは若ければそれでいい、とは思っておりません。なので写真をとるのは楽しいです。
憧れのモデルさんは山口小夜子さんと我妻マリさん。
黒衣のマダムでありながら永遠の少女でもある…というような年齢不祥な大人の女性に憧れます。多分いついつまでも。

ドレスのレンタル。

ドレスのレンタルはまた一度もした事のない私ですが、
このサイト
にはかなり興味津々です。
スタンダードは3万円台、
ラテンは2万円台でレンタルできます。
安い!
しかも、好きなドレスを3着まで試着できちゃうんですよ。太っ腹!
ドレス買ったばかりだからまだまだ満足だけど、
「新しいの欲しいな…」
と思い始めたら、ここで借りることを検討してみよう。
デモであちこち踊る機会が多いから、買うよりはレンタルがいいわ、出来るだけ安く…という方にはうってつけではないでしょうか。
ね、りこちん。

たまに徒然雑記。

画集や写真集って、あってもめったに開きませんが、本棚に自分の好きな世界がおさまっていると思うと、それだけでなんとなく落ち着きますよね。
イリーナ・イヨネスコの写真集もそんなひとつ。

06080820.jpg


この写真を見て思いだす出来事があります。
いつだったか、本屋さんでいわゆるゴシックロリータの雑誌を立ち読みしていたとき、とある有名な写真家さん…仮にAさんとしましょう…が撮影した写真が載っていて、そのモデルさんがとっていたポーズが、この写真とほぼ同じだったことです。
手の表情までは忘れてしまいましたが、両足を高々とあげたそれは、まさにこの写真を思わせるものでした。

私は自分でもモデルをしますが、モデルが何も知らずに偶然こういったポーズをとるとは考えにくく、やはり、カメラマンさんからの指定によるポーズだと思うのです。
実は自分でもふざけて似たようなポーズをとって撮影してもらったことがあるのですが(ちなみに今年の「初夏の清水路」です)、背景が違いモデルが違い撮影者が違えば、同じようなポーズをとっていたとしても、「似たような写真」にはならないものなのです。

しかしAさんの場合、背景を黒などのレースやオーガンジーといった布で覆い、いわゆるゴシック&ロリータの皆さんが好みそうな調度品などをしつらえたその空間での写真。それはある種
「イヨネスコに似せて作品を作っている」
と思われても仕方のないものでした。

私は、それが模倣である、とは出来ることならいいたくありません。
インスパイアでもオマージュでも、それはそれでいいと思うのです。
でも、このAさんの写真を見た純粋な少女たちは、この写真の全て、ポーズやイメージというものもすべてAさんのオリジナル作品である、と信じて疑わないのではないでしょうか。
その企画ページに
「この写真をイリーナ・イヨネスコに捧げます」
という一文がもしあったなら、と思わずにはいられませんでした。
そこからまた、そういう文化に興味をもった少女たちが世界を広げていく…という可能性が無限にあるのに。
「私はこういう作品から影響を受けてこんなものをつくったよ。だから私の作ったものに興味をもってくれる人がもしいるとするならば、そういった作品も紹介していくから、良かったら見てみてね」
と言って、下の世代に文化を継承していく。
そんなことが、何かを表現している大人にとって、大切なことなのではないだろうか、と年下の友達が出来た昨今、とみに思うことです。

まあ、そんなわけで、自分が観て面白かった映画とか、聴いてきた音楽とか、そういったものについても、今後少しずつ書いていくかもしれません。

例えば「月蝕グランギニョル」っていう曲があったとして、そこでとっさに「月蝕歌劇団」と「東京グランギニョル」が頭の中に浮かんできたほうが、そしてその道のはじめの方には例えば寺山修司だったり丸尾末広がいたり…ということをわかっていた方が、「アリカさん以外に何もわかりません…」というよりは、文脈として俄然面白くなってくると思うのです。

例えばここに、金細工の天使があったとしましょう。
それを作っているものが純金なのか、18金なのか、金メッキなのか、ということを全て見極められた上で、あえてこの、紙粘土で作って絵の具で彩色しているものが好き、作り手の人柄がしのばれるから…といえるような、そんな人間になりたいな、と思います。

だから「耽美で薔薇で十字架」って書いてあれば、何でも好きかっていうと、決してそんなことはなくて、
「ああ、この人、こうした世界で美しいものばかりに囲まれていないと、生きていけないんだわ…」
って思わせてくれるような、そんな優雅さを併せ持った人に、退廃を感じるのです。少なくても私はね。

ポップン。

うさぎ。ちゃんと話しててやたら
「ポップンで…」
「ポップンが…」
という単語が出てきて、なんか、
「ごめん。そもそもポップンって、なに?」
といえず、今ぐぐってきました。
コナミで出してる音楽シュミレーションゲームのことなんですね。了解しました。
あの、ボタンバンバン押す奴ね。(←いいかげん)
かつてそういえば、パラッパラッパー、2面で早くも挫折したわ。

例えば、私の中のコンテクストで言えば、
「GSでてんてーの中の人が…」(日本語訳・ときめきメモリアルガールズサイドというゲームの氷室零一先生役を演じている子安武人さんが)
っていきなりその辺の人に言ってしまえるかどうか、ということだよなあ。ポップンとときメモ、コナミつながりという事で。
あるいは2ちゃんねるを知らない人にいきなり
「おまえモナー」
「私の名はメーテル…」
と言いだす、とか…。
そういえば昔、コナミに勤めているデザイナー?の人が、東京の神田で私の朗読聞いてくれて、すごく誉めてくれたけど、元気にしてるかなー。

22歳って、実はそれほど若くもないぞ!天真爛漫なのはいいことだが別にもうしっとりしてても誰も止めないぞ!
色んな人や本や映画やその他のものから、色んなことを学んで、技を磨いてくれ!

夏の思い出。

お友達のじゃがいもうさぎ。ちゃんが家に遊びに来て、おとまり会をしました。

百年ぶりぐらいにカラオケ屋に行ったり…
06080801.jpg


三百年ぶりくらいにねぶたを見たり…
06080802.jpg


普段は行かないお洒落なお店で美味しいもの食べたり…(夢中で食べていたので画像はなし!おしゃれなのにちゃんと美味しくてびっくりするような値段でもないし、(一杯だけカクテルかビール飲んでお刺身盛り合わせとおつまみ数種とお茶漬けとデザート食べて3人で6700円でした)店員さんの応対も静かで丁寧だし(ちょっとお水っぽいけどまあ飲み屋さんだからね)、よそからお客様きたときなんかに良さそうだわあ。ちみなに柳町通りのダイニング・オン(オンはホントは漢字だけど、出すのがめんどくさい字なの…)という店です。税務署にまがるT字路のところ、千葉室内さんの向かいにあるよ。

夜はテレビでゴルフを観ながらおしゃべりしているうちに寝て…

翌日は又兵衛の茶屋で足湯につかり…
06080803.jpg


途中の山で写真を撮りながら弘前へ…

06080804.jpg



奈良展を勇んで見に行くも月曜は休館日で…
06080805.jpg


まちなか情報館というところでお茶して…
06080807.jpg


弘前の町をお散歩しながら帰ってきました。
06080806.jpg

弘前は風情のある景色が多いので、機会があればストリート撮影するのもいいなと思いました。

自分らだけでいると、2日間でこんなに密度濃く動き回るという事がないので、とても刺激的で楽しかったです。
それにしてもカラオケ、楽しかったなあ…。
今度行ったときは、なに歌おうかしら…

炎天下の弘前はアスファルトからの照り返しがきつくって、顔がジリジリとしてしまったので、ひどくなりませんように…と美容の神様にお祈りしながらパックをするのでありました。

06080808.jpg


夏にいっぱい遊んで夏らしい思い出をつくるって、なんだか素敵なことですね。
じゃがいもうさぎ。ちゃん、ありがとうございました。

夏ですね。

青森もやっと暑くなってきました。
涼しそうな画像をはっときます。
今年は海にいけるかしら。
でも日焼けが怖い…

06080301.jpg

プロフィール

小梅orやんや

  • Author:小梅orやんや
  • 写真ごっこしたり、お芝居したり、踊ったり。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク